「ブランド」とは、どんなものか?

「ブランド」とは、

-消費者の感情を動かすことができるもの-

想像してみてください。
あなたは社会人1年目で、初任給をもらいました。そこで、頑張った自分に、何か買おうと思い、デパートに行きました。

そこで1万円のステキなカバンを見つけました。これに目星をつけ、他の店も見てみることにしました。

やっぱりあのカバンを買おう…と思いながら入った近所のスーパーで、デパートで見たのと全く同じカバンが、セールで半額の5千円で売られていました。全く同じ、品質に問題はありません。

さあ、あなたなら、デパートと近所のスーパー、どちらで購入しますか?

正解はありません。どちらが正しいということもありません。「全く同じなら安い方で十分」でも全く構わないのです。

けれど。
デパートという場所で買い物をした自分。デパートの包装紙で丁寧にラッピングされた1万円で買ったカバン。そのカバンを使う自分。
近所のスーパーという場所で買い物をした自分。スーパーのビニール袋に入った5千円で買ったセール品のカバン。そのカバンを使う自分。

近所のスーパーやセール品が悪いと言っているのでは決してありません。ただ、感じるものは違うのではないでしょうか。自分が感じる自分自身の価値、カバンに感じる価値…。カバン自体は全く同じものでも。

あるいは、高級ホテルのラウンジで1杯千円以上のコーヒーを飲む自分。豊かで優雅な気持ちになり、心や振る舞いにも余裕が出て、言葉遣いすら穏やかで丁寧になる。

あるいは、値段は高いけれど、憧れだったブランドのスーツを買ってみた。そのスーツを着たら、自信が湧いてきて、背筋が伸び、堂々と振る舞えるようになった。喋れるようになった。

何か商品を買うとき。どこかのお店に行ってサービスを受けるとき。そのお店に行くこと自体。そのときに伴う“豊かさ”“喜び”“誇らしさ”“ワクワク感”“幸福感”…そういった感情体験。
そして、その商品を手に入れた自分、そのお店に行った自分は、普段のこれまでの自分よりも、豊かで、カッコよくて、美しくて。ワンランク上の憧れの自分になれたようで。その商品を持ったり、お店に行くことによって感情体験と共に湧いてくる、「自分」のイメージ。

この消費者の「感情体験」「イメージ」こそが、ブランドの正体と言えます。その場所、その商品、そのサービス、その会社、その人物…その対象に対するイメージが消費者の中にあり、その対象である商品を買ったり、その場所に行くことで起こる感情や、自分自身へのイメージに繋がる。

消費者にしっかりとした感情体験、それに伴うイメージの提供ができるものが「ブランド」であり、提供(売り手)側が消費者に提供したい感情体験・イメージを、ブレなく的確に消費者に体験してもらえるように、正確に創り上げていく作業が「ブランディング」です。

消費者の感情体験やイメージが伴わない商品は、「ブランド」ではありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です