ブランディングで得られる、評価の蓄積。競合他社より希少性と優位性を確保できる。

消費者にしっかりとした感情体験、それに伴うイメージの提供ができるもの。そして、長く売れ続けるもの。それが「ブランド」。

「ブランディング」とは、会社(売り手)側が消費者に提供したい感情体験・イメージを、ブレなく的確に消費者に体験してもらえるように、正確に創り上げたり、既にあるブランドを強化していく作業です。「ブランド」を創ったり強化するための手順や段取りと言えます。

もっと会社(売り手)側視点で見ると、「評価を蓄積する」という考え方になります。「得たい評価」を明確にして、これを積み上げていくと「信頼」に繋がり、これがブランドというシンボルを媒体にして、「●●に関して信頼できる」というイメージを提供することができます。

日本的に分かりやすく言うと、“のれん”。暖簾分けをすることは、日本でも古来より馴染みがあります。暖簾分けとはつまり、“のれん”に集まった消費者のイメージや信頼はそのままに、本店とは異なる場所で商売を始められる、ということです。現代では営業の仕組みごとコピーするフランチャイズという言葉も、コンビニエンスストアの一般化もあり、定着しています。

固定客や指名客(ファン)が多く、そのブランドを推奨してくれる。そんなファンの姿を見て、「あの人が持っているから、私もそのブランドの商品がほしい」と思う人が現れる。会社(売り手)側の手を離れたところでも、さらなる広がりを見せるものが、「ブランド力が高い」と言えます。
ブランド力が高いと、競合他社の商品よりも高値で販売することができます。会社の手を離れたところでも拡散されているので、宣伝広告費を低く抑えられます。小売への配荷量も多く、店頭での商品配置も、優位な位置を確保できます。

つまりブランド力を高めることで、競合他社より低コストで販売し、高い収益性を上げることができるのです。そして、高い収益性を原資に、商品改良や新たな研究開発への投資を行うことが可能になります。その結果、競合他社に対してさらなる希少性と優位性を保持することができます。