ブランド構築のコンサルティングについて

 

ブランドとは?

「ブランド」。よく耳にする言葉でしょう。けれど、「ブランドとは何か?」と聞かれて答えられる人は少ないのではないでしょうか。

ブランドとは、「唯一無二のもの」。

消費者に「ああ、あれね!」「あのお店と言えば、●●だよね」と連想してもらえる状態。連想してもらえるもの。商品であれ、サービスであれ、会社であれ。具体的に形があるもの、というより、ひとつの概念と言えるでしょう。

ブランドとして認知されたら、値段が高くても、消費者から選ばれます。選ばれ続けます。

他社の同じ商品より値段は高くても、遠くのお店までわざわざ買いに行かなければならなくても、行列で何時間待ちでも。それでも「あのメーカーのあの商品がほしい」「あのお店のあれが食べたい」「これでなければ嫌だ」といった、こだわりを持っているものが、あなたにも何かあるのではないでしょうか。何度もリピートしてしまうほど、お気に入りの何かが。

その、あなたが「絶対にこれがいい」「これだから買う」という商品やサービスこそが“ブランド”であり、“ブランドになった状態”です。ブランドを提供する会社側から見ると、“ブランド構築が成功している状態”と言えます。より多く、より高く、より長く、売れる。

もちろん、何が“ブランド”になるかは人それぞれです。バッグ、食材、文房具、お気に入りのお店、何度でも受けたいサービス…

重要なポイントは、「ブランドは意図的に創ることができる」ということです。

商品やサービスによってターゲット層も異なります。ターゲットとする層に、認知してほしいイメージで認知されるブランドに、意図的にする。それが可能なのです。

現在“ブランド”となっているもので、意図せずとも自然とブランドになったものも、中にはあるでしょう。しかし、一か八かの自然発生的ブランド化を狙うよりも、「消費者に選ばれ続けるブランドを創り、提供し、消費者の幸せに貢献する」という明確な意志を持ってブランドを創る方が、より確実にその願いを実現できるはずです。

私達は、意図的にブランドを創り上げるお手伝いができる会社です。

何故、私達にそれができるのか?

私達は、ブランド構築に必要な要素を知っています。知っているだけでなく、お客様にその知識を提供し、且つブランド構築に必要なことをお客様に実行していただくサポートができるからです。

では、ブランド構築に必要な要素とは何か?

「情熱」「戦略」「デザイン」「マーケティング」

この4つです。

「情熱」は、全ての土台となり、軸になります。情熱とは、お客様の心の奥底から湧き上がる想い、熱意です。それらを正確に、明確に掘り起こす必要があります。

情熱がなければ、どんなに見栄えのいいものを創り上げても、消費者の心に残り続けるようなブランドにはなり得ません。ブランドに込められた情熱の有無は、消費者に、世間に、確実に伝わってしまうからです。

また、情熱にブレがあると、綻びが出て、それを何のためにやっているのか分からなくなり、また創り直す必要が出てきてしまうこともあります。

そのためにも、まずは情熱を正確に明確化することが必須となります。高度なコミュニケーションスキルを必要とするコミュニティ・イノベーター養成講座の講師も務めたブランドコンサルタントが、丁寧にお客様のお話を伺い、お客様の情熱をブレなく明確にするお手伝いをさせていただきます。

「戦略」は、目的達成のために必要な計画を練ることです。

情熱に基づいた目的や夢を達成するには、優れた戦略が必要になります。今現在のお客様の状況、これからしようとすること、それらに関わる様々な要因を考慮して、いかに高確率で達成したい目的や夢を達成できるようにするか…それを計画する力は欠かせません。当たり前のことのようですが、これがなかなか難しくもあります。

私達は、お客様ひとりひとりの情熱やニーズを丁寧に伺い、ブランド構築のための優れた戦略を練ることができるブランドコンサルタントが、お客様のご要望に合った最適の戦略を提案致します。それは、マニュアル化されたものではなく、そのお客様のためだけに一から練り上げた、唯一無二の戦略です。

私達の情熱は、全てのお客様に、情熱を叶えていただくこと。当然、お客様によって情熱もニーズも様々です。画一化されたマニュアルどおりの戦略では、お客様の目的や夢を達成していただくことはできない、と私達は考えています。

「デザイン」は、お客様が伝えたいコンセプトが、グラフィックを通して、伝えたい層に言葉ではなく直感的感覚的に伝わることです。

ブランド構築において、ビジュアルに訴えかけるという要素は、とても重要になります。

一見、オシャレで技術的にも優れたデザインであっても、それを見て影響を受けてほしい層に、狙ったとおりの影響を与えられなければ、どんなに見栄えが良くても意味がありません。表面的なものではなく、コンセプトの本質を捉えたデザインが必要です。

本質を反映したデザインは、消費者の感情に響きます。感情が動くと興味が湧き、消費行動に繋がります。さらに、感覚に刻まれた印象はいつまでも記憶され、消費者の心に残り続けます。

デザインの制作は、お客様が消費者に伝えたい本質を明らかにした上で、お客様に満足していただけるデザインに仕上げます。

「本質を捉えたデザインができる」と自信を持って言えるデザイナーの手で、お客様の情熱を、ブランド構築に欠かせないデザインという形にして提供し、お客様の目的や夢を達成するサポートをします。

「マーケティング」は、世の中に商品やサービスを広めることです。既存の市場に対してのみならず、その商品やサービスが流通する新しい市場(経済領域)を創ることも含まれます。

マーケットを順序よく創ることができる技術や考え方が存在します。それは、売上をどんどん伸ばしていくための手順であり、商品やサービスの市場への広め方と言えます。

この手順をしっかり分かっていて、そして実行できなければ、いくら商品やサービスが優れていても、しっかりしたデザインをしていても、それらを外に広めていけません。あるいは、最初は上手く広がっていても、途中から広がらなくなる可能性が高くなります。マーケティングをきちんと理解している人がいなければ、そういう人が手掛けなければ、そうなってしまいます。

マーケティングを深く理解しているブランドコンサルタントが情報収集や市場分析を行い、お客様が世の中に広げたいと思う素晴らしい商品やサービスが、広げたい市場で確実に広がり、且つ収益が見込めるようにします。

 

契約前の心配や不安、ご無用です

◆自分はお客様の役に立ちたいだけで、「情熱」と言える程のものは持っていないかも…

「情熱がすごく大事なのは理解できる。でも…」と感じる方もいらっしゃるでしょう。“自分の仕事が好きで、お客様の満足が好き”“お客様に喜んでもらえることを、ひたすらに”というのは、十分な「情熱」です。その想いは、“唯一無二のブランド”に繋がります。

ですので、「好きでやっている仕事だし、これがしたいと思っていることはあるけれど、情熱とまで言えるものか分からない」「お客様が喜んでくれたら嬉しいので、自分の想いよりもお客様のニーズを叶えたい」、それで大丈夫です。

コンサルティングを受けたり、お仕事をされていく中で、「こうしたい」という想いが新たに生まれた場合でも、私達はその新たな想いが叶うように全力で必要なサポートをさせていただきます。途中で変わっても問題ありません。

◆コンサルタントを雇ったら、自分が望んでいない方向に持っていかれるんじゃないか?

私達は、お客様のご要望どおりにしか動かしません。

お客様の心からの情熱こそが、ブランドを創り育てる原動力です。お客様の志が伴わない状態でコンサルティングを提供すること自体ができないのです。そのためにも、お客様のご希望を丁寧に伺います。方向性がズレたまま進んでしまわないよう、お客様の現状の気持ちやニーズの把握を随時行い、細かく進捗のチェックもさせていただきます。

 

ご契約について

ご契約にあたり、まずはお客様の現状とご要望のヒアリングをさせていただきます。その後、お見積りの提示と、口頭で契約意思の確認を行い、契約金をご入金いただいた後、ブランド構築に必要なサポートを開始します。

契約金は、基本的に即日(口頭での契約意思確認の当日~翌日)、全額前払いとなります。

追加で費用をいただければ、よりスピーディーで効果的なブランド構築が行えます。早く成果を出したい場合は、ご相談ください。

ただ、ブランド構築はしたい、契約はしたいけれど、どうしても予算が厳しい…というお客様もいらっしゃるかもしれません。その場合でも、まずはその旨をお伝えください。

ブランド構築費とは、「将来を見越した広告宣伝費」と言えます。

「広告宣伝費にいくらかけられるのか?」

「無理なく継続的に支払える費用はいくらなのか?」

正直にお伝えください。

私達は、お客様が創りたいブランドが社会にとって価値あるものなら、極力ブランド創りのお手伝いをしたい。それが大前提です。ブランド構築のための費用がお客様の財政を圧迫し、経営が困難になってしまっては意味がありません。

加えて、私達は「交渉歓迎」です。

例えば、私達の活動にとって役立つもので、お客様がお持ちの資源やサービスなど、お金ではない何かをいただいたり、もしくは貸していただいたりすることで、契約金の一部に代えることも可能です。

それが可能かどうかはケースバイケースですので、ご相談ください。

 

契約後、ブランド構築をどう進めていくのか?

ここでは、契約成立後の手順を説明します。あくまでオーソドックスな流れですので、必ずしもここに書かれた流れどおりに進む訳ではありません。

それは、マニュアルどおりの対応ではなく、お客様ひとりひとりの情熱、ご要望や状況を把握した上で、そのお客様に最も適した方法を提供させていただくからです。

カウンセリング

お客様が「居心地のいい場所」「素の自分でいられる場所」でなるべく行います。

よりリラックスした状態で行うことにより、お客様の情熱、心から望むことなどを知り、本当にお客様が叶えたい目的や夢を達成していただくためです。

場所は指定していただけます。

現場(事業所)訪問

お客様の事業所を訪問させていただきます。現場を見ることによって、より深くお客様のことを知り、コンサルティングに活かすことができるからです。

事業所を見学させていただきますが、「従業員の方の、業務の手を止めないこと」を心掛けています。どうしても手を止めていただいて伺わなければならない場合を除いて、業務の邪魔は致しません。

戦略提案

上記の手順を踏まえ、お客様に最適な戦略の提案をします。

もしかしたら、提案内容は、お客様が「今すぐ何とかしなければならない」と思っている問題への対処ではないかもしれません。

それは、目先の問題だけを見るのではなく、「お客様が達成したい目的や夢」を到達点として逆算し、根本的に必要なことを提案するからです。抜本的な見直しをすることによって、表面的な問題は解決に導かれます。

進捗の管理(随時)

「上手く進んでいるか?」「行き詰っている点はないか?」「お客様の今の気持ちや考えは、どうなっているか?」など、適宜、進捗状況を確認し、そのときの状況に合わせて必要なフォローを行います。

また、進めて行く中で予想外の問題が発生することもあるかもしれませんが、それも織り込み済みです。私達が提供するのは、「一度立てたら応用が利かないマニュアルどおりの戦略」ではなく、「そのときの状況や必要に応じて柔軟に対処する創発戦略」です。「創発戦略」だからこそ、お客様の考えや想いが最初と変わっても、「今、お客様が望むもの」を汲み取った対応が可能になります。

状況次第では、最初に提案した戦略が、途中で変わるかもしれません。大切なのは戦略そのものではなく、「お客様が達成したい目的や夢が叶うこと」です。この到達点を常に念頭に置き、全力でそのサポートをすることが私達の存在意義であると考えています。だからこそ途中で何が起こっても、冷静に「お客様のために今、必要なこと」を導き出し、常に変化に対応することができるのです。

 

契約後の心配や不安、ご無用です

◆コンサルタントを雇ったら、自分が望んでいない方向に持っていかれるんじゃないか?

私達は、お客様のご要望どおりにしか動かしません。

お客様の心からの情熱こそが、ブランドを創り育てる原動力です。お客様の志が伴わない状態でコンサルティングを提供すること自体ができないのです。そのためにも、お客様のご希望を丁寧に伺います。方向性がズレたまま進んでしまわないよう、お客様の現状の気持ちやニーズの把握を随時行い、細かく進捗のチェックもさせていただきます。

◆新たにやりたいこと、最初に言ったことと違うやりたいこと ができてしまった…

「こうしたい、という気持ちが新たに湧き起こった」、「最初にこう言ったけれど、やっぱりこっちにしたい」。ブランド構築を進めていく中で、そんな思いが出てくるかもしれませんが、それは自然なことです。「途中で変わったなんて、みっともなくて恥ずかしい」などと思う必要はありません。正直にお伝えいただければ、お客様の新たなご希望を叶えられる提案を行います。

何かが違うと感じるけれど、はっきり言葉にできない…

「最初にこう言って、提案どおりにやってみたけれど、何か違う…。でも何が違うのかよく分からない…」ということもあると思いますが、それでも大丈夫です。“何が違っていて、本当はどうしたいのか?”を明確にするお手伝いもさせていただきます。

 

 

お客様の心からの情熱こそが、ブランドを創り育てる原動力。

お客様と共に、お客様が本当に望むブランドを創り、育てる。

「お客様の情熱、目的、夢が達成され、お客様が幸せであること」

それが、私達が達成したい情熱、目的、夢です。