web販売強化本格ライティングサービス

~ひとりでも多くのお客様に商品を購入してもらい、売上を伸ばすために~

細部にまでこだわり、真心や想いのこもった商品。そんな自社の商品で、ひとりでも多くの人に幸せな気持ちになってもらいたい。もちろん、それで売上も伸ばしたい。

だけど、web販売の売上が、思うように伸びない・・・どうしてだろう・・・

 

webの商品説明ページでよく見かけるのが、「写真と、数行の説明文のみ(大きさや材質など最低限の情報)」か「脈絡もなく長々と情報を書き連ねている」。実はこれが、売上が伸びない原因かもしれません。

とにかく写真をたっぷり載せて、ビジュアル的に分かりやすいようにしている。説明文はほとんどない。商品の大きさ・材質・セット内容などの最低限の機能面の情報や、当たり障りのないコメントだけ

“商品に使用している素材の良さ”については別ページに載せているが、“商品そのものの“については、ほとんど説明していない。写真や最低限の機能面の情報だけ

商品の良さ、そこにかける自分の想いなど、ありったけの情報を存分に書いている。文章量も多いし、伝わっていると思う

このような場合。残念ながら、ほぼ確実に、「貴社の商品の価値や魅力は、お客様に伝わっていない」と言えます。どれも説明不足・情報不足になってしまっています。これが、web販売の売上が伸びない原因である可能性があります。

商品自体に問題はなく、生産者・販売者が想いを込めてつくり、実際は価値や魅力がある素晴らしい商品素晴らしいものであっても。その素晴らしさが、お客様にきちんと伝わっていなければ、お客様にとっては、「いまいち魅力が感じられない商品」ということになってしまいます。

言葉を用いて、丁寧過ぎるくらいにしっかりと、徹底的に。しかも分かりやすく、きちんとした文章構成でもって書かなければならないもの。それがweb販売における商品説明文です。わずか数行の説明で事足りるものではない筈なのです(長ければいいという訳ではありません)。

webページへのアクセス数を伸ばす努力をしても。お客様にとっては、webの商品説明ページから得られる情報や印象が全て。辿り着いた商品説明ページから商品の魅力が伝わってこなければ、購入には至りません。

web販売は、webの商品説明ページだけで魅力を伝え切らなければならない分、お客様に商品の魅力を伝えることが、対面販売よりも難しいと言えます。購入に至ってもらうまでのハードルも高い、ということでもあります。

商品自体はとても魅力的なのに、その魅力は語り尽くせないほど分かっているのに、文章で上手く説明できない。文章力がなくて、きちんと伝わる説明文が書けないが故に、お客様に魅力を分かってもらえない、買おうと思ってもらえない…というのは、大変勿体ないことです。生産者・販売者としても、やり切れない部分かと思います。

逆に言えば、お客様に「本来この商品が持っている魅力」を、きちんと伝えることができれば、お客様の心を動かせる確率が、一気にグッと上がる、ということです。購入しようと思ってもらえる可能性も上がる。しかも、きちんと魅力を理解した上で欲しいと思ってもらえることは、生産者・販売者としても本望ではないでしょうか。

でも、対面セールス(口頭説明)では上手くいってたんだけど・・・

なのに、web販売の売上は思わしくない。それはやはり、説明文で魅力を伝え切れていないという可能性があります。口頭で説明することと、文章で説明することは違います。web上で文章で説明する場合、口頭説明とは違う部分として、主に以下のような点が挙げられます。

・ニュアンスで伝えたり、曖昧な表現はできない(細部まで明確な表現が必要)

・相手によって伝え方や情報量の調節ができない(文章で伝え切ることが必要)

・文章が分かりにくいと読んでもらえない(情報を伝えるチャンスもない)

・目の前にお客様がいないので、話を聞いてくれるよう説得するチャンスもない

・「実物を見せ、触れてもらう」「売り手の人柄」という強力な武器が使えない

文章での説明は、シンプルに文章力の勝負になる分、ハードルが上がります。対面セールスでは上手くいっていたから、これからweb販売も始めよう…と考えている方も、その点は注意が必要です。

今の説明文を何とかしたいけど、文章を書くのは苦手だし、これ以上どうしようもない

誰か、きちんとした説明文を書ける人に依頼したいけど、誰に頼んでいいか分からない

弊社にお任せください。伝えたいことが伝わらないもどかしさを解消します。

「そんな説明文、書けるもんならとっくに書いてる」――

文章が書けないので、写真や最低限の情報だけになってしまう。長々とまとまりのない文章になってしまう。現状の商品説明文では伝わっていない…と薄々分かってはいる。でも、どうしたらいいか分からない。そんな販売者の方が多いと感じてきました。

ましてや文章力は、一朝一夕でどうにかなるものでもなく、生産者・販売者の方々は、文章作成に時間や労力を割いている場合ではない。

だからこそ、弊社にお任せください。伝わる商品説明文を貴社に代わって執筆致します。

貴社の商品が本来持っている価値や魅力を、素晴らしさを、お客様にしっかり届けます。

生産者・販売者は素晴らしい商品をつくり、お客様に届ける。素晴らしいものが素晴らしいと正しく伝わり、それを手にしたお客様は幸せな気持ちになる。お客様を幸せな気持ちにできたことで、生産者・販売者の心も満たされる。その上、売上も伸びて経済面でも豊かになれる。そしてまた素晴らしい商品をつくることに勤しむ――。

そんな循環が当たり前であってほしい。弊社はそう思っています。

 

 

〈お客様にとって、必要な情報・商品の魅力、とは何か?〉

【商品を使う自分をイメージできるか。ワクワク感が持てるかどうか。機能性ではない】 

素晴らしい商品を届けることで、お客様を幸せにできる。同時に生産者・販売者も、心も経済面も豊かになれる。それが重要だと弊社は考えます。

「お客様が幸せになる」「生産者・販売者の心が豊かになる」「生産者・販売者が経済的に豊かになる」、それを実現する足掛かりが、お客様に商品の価値や魅力がきちんと伝わる説明文を掲載することです。

お客様にとって必要な情報とは、説明文を読んで、「自分が商品を使っている姿が自然にイメージできる」「この商品を使っている自分をイメージすると、ワクワクして幸せな気持ちになれる」ことです。

この「商品を使っている姿をイメージしてワクワクする」ことこそが必要な情報であり、ワクワク感をもたらしてくれること、それこそが商品の価値であり魅力です。

「この会社がつくる、この商品でなければダメなんだ。他のメーカーのものではダメなんだ」というこだわりあるお気に入りの何かが、誰しもあるのではないでしょうか。

「このペンを持っていると、仕事がバリバリできるカッコいい人って感じがして、気持ちが上がる。書きやすいのは勿論だけど、それ以上の価値がある」

「このチョコレートを食べると、高級感があってリッチな気分になって、ワンランク上の自分になれる気がする。おいしいだけじゃない、それ以上の価値がある」

「ペンで文字が書ける」「チョコレートでお腹を満たせる」、商品が持つ最低限の機能は、あるのが大前提のものであって、価値や魅力とは違います。重要なのはワクワク感。仕事ができるスタイリッシュな自分、ワンランク上の自分など…その商品を持つことで、別の自分になれるようなワクワク感が、自然にイメージできるか、という点です。

 

【「商品独自の雰囲気」という言葉で表現しにくいものを表現しなければならない】

お客様が感じる商品の価値や魅力とは、「ワクワク感」「心の豊かさを与えてくれるか」という、+αの部分です。「ペンで文字が書ける」「チョコレートでお腹を満たせる」、それは価値や魅力ではなく、商品として果たして当然の、大前提の部分で、説明としても書いてあるのが当然のものです。ペンの重量やチョコレートの賞味期限を知っても、心が豊かになるイメージには繋がりません。

商品を買うだけで、物質的豊かさは得ることができます。ですが、この世に存在する商品全てが、「心の豊かさ」まで与えてくれる訳ではありません。「使えたら何でもいい」「食べられたら何でもいい」「安ければいい」と思われる商品は、心の豊かさまでは与えられません。同じ機能を果たす商品なら何でもいい、貴社の商品でなくてもいい、ということです。

生産者にとっては当たり前の、特に価値がないと思っているような、本当に何気ない工夫やこだわり、ちょっとした手間暇さえも、お客様に豊かさを感じてもらえる立派な付加価値になってきます。

ポイントは、「お客様を豊かにできる価値や魅力を、お客様にきちんと伝え、お客様に豊かさを感じてもらえるか」。商品の世界観、いわば「商品独自の雰囲気」のような、言葉として大変表現しにくいものを言葉で表現し、文章から雰囲気を感じ取ってもらわねばなりません。

「我が社の商品は、お客様を豊かにできる自信は十分にある」それは素晴らしいことです。けれど、その価値や魅力を的確にお客様に伝えられなければ、お客様にとっては「価値や魅力が感じられない商品」、豊かさも感じてもらえません。

web販売では、商品の価値や魅力を、文章で説明し、伝えなければなりません。web販売において何より重要なもの。それは「文章力」と言えるでしょう。web販売における「文章力」は、「素晴らしい商品をつくる力」とは全く違ったスキルでありながら、会社自体のイメージさえ左右するほどの影響力を持っています。

 

〈web販売における商品説明文(適切な文章)の重要性〉

【お客様には、商品説明文に記載されていることが、持ち得る情報の全てである】

お客様は、説明不足(情報不足)を、想像して補える情報は持っていない

言葉できちんと説明しなければ、お客様には伝わらない。写真だけでは伝わらない

説明文の文章力=会社・商品のイメージになる。写真=イメージではない

web販売を手掛けるのに、覚えておいた方がいいポイントです。

対面セールスと違い、お客様にとっては、webページからの情報が全てです。それを見て魅力を感じられなければ、お客様は貴社のページから離れて他社のwebページにアクセスし、魅力を感じられる商品を探しに行ってしまう可能性が高まります。

絵本だって、挿絵(写真)とタイトル(最低限の情報)だけ見せられても、読者はストーリー(どんな商品なのか。商品の価値や魅力)が分かりません。

絵本づくりに携わった作者や出版者(生産者・販売者)なら、挿絵やタイトルを見ただけでもストーリーが分かります。絵本をつくる過程で起こったちょっとした出来事やこだわりなど、知識の他、自身の体験という情報も同時に引き出されて、「色々あったけど、今となっては全部いい思い出だなあ…」といったように、より絵本を愛しく感じたりもします。

作り手なら、目の前にある情報以外の情報を持っているので、挿絵やタイトルを見ただけでも、絵本(商品)の価値や魅力を理解できるのです。+αで勝手に絵本に愛着を覚えることさえできるのは、目の前にある情報が少なくても、既に多くの情報を持っているので、そこから勝手に情報の不足分を補ってストーリーを完成させ、ワクワクすることができるからです。

けれど、読者(お客様)は、目の前にある情報が全てです。挿絵やタイトルだけ見せられても、この絵本がどういう話なのか、その価値や魅力が分かりません。勝手にストーリーを完成させ、絵本を愛しく感じてくれるような情報は、何も持っていません。作り手のように、不足分を補うことができないのです。

読者は、物語(説明文)が書かれているから、絵本のストーリーを理解できます。しっかりとした物語があってこそ、挿絵もタイトルも活きてきます。

お客様は、webページからの情報が全て。そこに書かれていないもの・そこから感じられないものを、勝手に補うことはできない。補えるだけの情報は持ち合わせていない。

だからこそ、お客様には、丁寧過ぎるくらいにしっかりと、言葉で、文章で説明する必要があります。

 

【文章力・国語力が、商品や会社のイメージになる。信用度を左右する】 

web販売は、販売者にとっても手軽で便利な反面、お客様から販売者のリアルな顔が見えない分、ちょっとしことでお客様から不信感を抱かれやすい、ということも理解しておく必要があります。不信感を抱いたページからは、お客様は離れていってしまいます。不信感を抱かれる=購入してもらえる確率が下がる、ということです。

では、何がお客様から不信感を抱かれる原因になるのでしょうか?

はっきり言うと、webの説明ページを見たときに、「文章力がない・国語力がない」と感じさせてしまうと、その時点でお客様からマイナスの印象を持たれてしまいます。

ろくな説明文がない、文章が読みにくい、日本語の使い方がおかしい…「文章のレベルが低い」=「レベルの低い会社」と思われてしまうのです。

販売者と直に接することがない分、お客様の判断材料はwebページからの情報・印象が全てになります。お客様にとっての販売者のイメージは、webページから受ける印象そのものです。本当は素晴らしい会社であったとしても、webページからそれが伝わらなければ、残念ながらお客様には分かってもらえません。

相手がどんな人かよく知らなくても、字が綺麗だと、それだけで「ちゃんとしてそうな人」という印象に繋がることと似ています。逆に字が汚いと、実際は知性的な人であったとしても、字からだけの印象だと、相手が知性的だと感じる人は少ないことでしょう。

「レベルが低い会社」と判断されたら、「レベルが低い会社が売ってる商品は、レベルが低そう、質も良くなさそう」「本当は適当につくった商品なのでは…」「この会社、ちゃんと郵送してくれるのかな?」と、全ての面において「この会社、大丈夫なの?」という不信感を持たれてしまいます。お客様は、もっと情報がしっかりしている信用できそうな会社を求めて去っていく可能性が高まります。

反対に、しっかりとした文章で書かれた説明文を載せ、しっかりとした情報を提供している会社は、「しっかりとした会社」という好印象に繋がります。「しっかりした会社が販売している商品なら、質も良さそう。想いを込めて丁寧につくられていそう」「きちんとした誠実な対応をしてくれそう」という、全ての面においての信頼感・安心感にも繋がっていきます。

全てはきちんとした説明文があってこそ、です。

 

【しっかりした説明文・文章は、お客様への誠意の証】 

しっかりした文章=しっかりした会社、という印象を持つと、お客様は安心してweb上でその会社から買い物をすることができます。しっかりした会社の、しっかりした商品。これから手にする商品への期待感も増します。

お客様に安心感を抱いてもらう。それは、お客様に対する優しさであり、思いやりです。

お客様に不安や不信感を与えることは、会社として損をするだけでなく、それだけで既にお客様に対して不親切なのです。説明不足・情報不足とは、お客様への不親切の最たるものです。

販売者側がするべき説明を全てした上で、お客様に「この商品を手にした時の幸せな自分の姿を想像してほしい」というのは素晴らしいことです。

けれど説明不足・情報不足というのは、「販売者側がするべき説明を満たせないので、お客様に不足分を想像力で補ってもらい、穴埋めをしてもらおう」という状態です。お客様に必要のない負担をかけています。

しかも、想像力で説明不足分を補えるだけの情報を持っていないお客様には、実行できません。情報不足で魅力を感じないwebページから、速やかに去るのみです。

販売者側としては、そんなつもりは全くないと思います。ただ上手に文章を書くことができず、説明できないだけ。故意にお客様に負担をかけようとする会社など存在しない筈です。それでも、「そんなつもりはなくても、結果的にお客様に負担をかけてしまっている」という事実。

お客様に少しでも良い商品を届けたくて試作を重ね、ひとりでも多くのお客様に自社の商品で幸せになってほしくて、web販売を行っている(もちろん売上も伸ばしたいけれど、決して利益だけを見ているのではない)。そんな優しくて誠実な会社が、webでの説明文が上手く書けないために、実際とは真逆の印象をお客様に与えてしまっている…。

弊社は、多くの生産者・販売者の方と接する中で、このような状況に陥っている生産者・販売者の方々が数多くいることを痛感し、この状況を何とかしたい、と思ったことが、この「web販売強化本格ライティングサービス」を始めたきっかけでもあります。

しっかりとした説明文を記載することは、直接顔を合わせられないweb販売という場において、お客様に示せる「誠意」の形でもあります。

 

〈お客様に伝えるためには何が必要か?―文章力と販売戦略〉

【お客様は、言葉で説明しなければ分からない。お客様は、情報不足を勝手に補えない】

お客様には、商品説明ページの情報が全て。写真や最低限の機能面の情報・曖昧な説明を補完して、商品の価値や魅力を想像し理解できるような情報を、お客様は持ち合わせていません。

生産者・販売者側は、もともと商品の価値や魅力はしっかり理解している。文章として表現できないだけです。商品づくりに携わった経験や、携わる人なら当然知っている知識や常識…そういった“商品説明ページに書かれていない情報”を持っているので、最低限の説明だけでも、情報を補って、価値や魅力を理解することができる。お客様には、それができない。そのことをしっかり覚えておく必要があります。

お客様にイメージを伝えようと、写真をたくさん載せても、それだけではお客様は商品の価値や魅力が分かりません。写真=イメージが喚起される…ではありません。

文章量が多いと、一見きちんと説明しているように思えますが、説明文が長い=必要な情報を含んでいる、とは限りません。それに長文は、きちんとした文章構成をしなければ、読もうという気になってもらえず、読んですらもらえない可能性があります。

素材の良さがウリで、素材の説明は別ページでしっかりしているけれど、その素材を使った商品自体の説明は、やはり写真+最低限の情報だけ…という場合もよく見受けられます。

これも説明不足です。

素材の説明・価値や魅力=その素材を使った商品の説明・価値や魅力…ではありません。

こだわりの小麦粉を使ったクッキー。こだわりの小麦粉についての説明は、別ページに詳しく書いてある。それも大切です。けれど必要なのは、なぜクッキーなのか?ケーキでもなく、マドレーヌでもなく、なぜクッキーなのか?このクッキーにはどんな工夫がされているのか?など、あくまでクッキー自体、その商品自体についての情報です。

なお、素材の説明ページ自体も説明不足・情報不足になっているケースもあるので、注意が必要です。

予備知識を持たないお客様に、文章で十分な説明をして、商品の価値や魅力を伝えること。

伝え切ること。webの商品説明ページでは、それを実行しなければなりません。

 

【文章力と販売戦略。客観的視点やマーケティングといった専門知識も必要】

お客様に商品の魅力を分かってもらうために、伝え切るために必要なもの。それは、商品説明文、という文章です。それだけの文章が書ける文章力。お客様に伝わる文章を書くために必要な情報を分析し、抽出できる戦略も必要で、そこも含めての文章力です。

基本的なところでは、生産者・販売者側にとっては“当たり前の言葉”や“知っていて当然の情報”は、お客様にとっては“当たり前”ではありません。専門的な用語や知識なら尚更です。専門的なことは噛み砕き、分かりやすく説明しなければなりません。生産者・販売者目線ではない、客観的視点は必須です。

生産者・販売者にとっては“当然”である様々なこと。それがどこまで一般のお客様に通用するのか。しっかり見極めて言葉を選ぶ必要があります。

この重大な要素が抜け落ちた説明文もよく見かけます。その業界・そこに携わる人達…内輪の人間にしか分からない、ともすれば内輪の人間だけで盛り上がっているように見える、外部の人間はアクセスしづらい状態になっているwebページは、正にそれです。

何が商品の価値や魅力になるのかを把握することはもちろんのこと。どんなお客様をターゲットとするのか。ターゲット層となるお客様には、どういう価値や魅力の打ち出し方をして、どのような言葉・表現を用いれば、心に響くのか。

それらを知るためには、ターゲット層が日頃どのような言葉に触れているのか…など、より広い視野での分析も必要になります。マーケティングのような専門的な知識が必要な分野です。

もちろん、分析結果を踏まえて、文章としてまとめ上げる文章力も必須になります。

web販売の商品説明文を書くには、プロとしての技術が必要なのです。

 

【写真に頼り過ぎるのは禁物。「写真=説明」「写真=イメージ」ではない】

写真を多用し、説明文は最低限…というパターンが、最も多く見受けられます。

「写真は説明」「写真を載せておけば伝わる」「写真=商品のイメージ、雰囲気を感じてもらえるだろう」…残念ながら、そうではありません。

写真が一番手っ取り早く情報を伝えられるように思えますし、説明文が書けない以上、写真を載せるしかなかったのかもしれません。分かりやすく伝えようという親切心かもしれません。親切心であったとしても、写真だけでは伝わりません。

写真から商品の価値や魅力をイメージする・理解するには、写真とイメージを繋ぐ情報が必要です。写真とイメージを繋ぐ情報が、説明文です。その情報がなければ、「ただのペンの写真」「ただのチョコレートの写真」に過ぎません。ただのペンやチョコレートの写真の羅列。それを見せられても、お客様からすれば、「だから何だ」という話になってしまいます。写真は説明文を補完するもの、と考えた方がいいでしょう。

戦略的にお客様の心を掴むような写真の見せ方をしているのであれば、写真自体にもそれなりの効果があります。ですが、戦略などなく、ただ並べているだけでは、読み手は「?」となります。「?」の心情は、「自分が商品を使っている姿がイメージできない」ということ。「?」となれば、お客様はページから離れ、別のページやショップに移ってしまいます。

ちなみに、動画での説明も効果的ではあります。しかし、動画には音声があってこそ伝わるものが多くなるので、ゆっくり落ち着いた空間でないと、視聴を期待できません。作成コストも跳ね上がります。

文章であれば、スマートフォンやパソコンを開ける場所であれば、どこでも確実に読み進めてもらえる、というメリットもあります。

 

〈イグナイターのライティング―商品説明文が選ばれる理由〉

【貴社の情熱・商品への愛情を、濃やかに汲み取って作成】

しっかりとした伝わる商品説明文を書くには、プロとしての技術が必要です。

生産者・販売者の方々は、「価値ある良い商品をつくり、販売してお客様を幸せにする」という素晴らしい力をお持ちです。それが生産者・販売者の方々の仕事であり、社会での役割でもあると思います。

その生産者・販売者の方々が、「説明文を書く」という畑違いの仕事をするために、多大な時間や労力を費やす必要はありません。説明文を書けるスキルを持ち、それを仕事にしている相手に任せてしまえばいいのです。

とはいえ。商品づくりに携わった訳でもない人間に、自分達の想いも、商品の価値や魅力も分からないだろう。そこが伝わる説明文なんて書けないだろう――― そんな疑問を持たれるかもしれません。

弊社の場合、全てにおいて、弊社のお客様の「情熱」を最も大切にしています。

「情熱」とは、“忘れてはならない初心”“志”とも言えるかもしれません。

一番最初に、「素晴らしいものを、ひとりでも多くの人に届け、みんなを豊かにしたい」「社会の役に立ちたい」…そう思った気持ち。最もピュアな芯の部分。全ての原動力。

そんな「情熱」を、より多くの人に届けるために創られたのが“会社”であり、「情熱」から生み出され、「情熱」が形を変えたものが“商品”です。商品の価値や魅力とは、商品に携わる人達の想いの結晶でもあります。

文章以外の形でも、「お客様の情熱・その表れである商品の価値や魅力」を、伝えたい相手(購買層)に、しっかりと適切に伝えられるようにすること…それが弊社の仕事です。コンサルティングや、会社のロゴマークのデザインなどもそうです。コンサルティング、デザイン、文章…表現される形は違っても、全ては「お客様の情熱・その表れである商品の価値や魅力」を、しっかりと適切に伝えるためのものです。

しっかりと適切に伝えるためには、お客様の気持ちに寄り添い、お話しを伺い、お客様が大切にしているものを、「情熱」をしっかりと適切に知り、理解することが必要不可欠です。これこそが、弊社が手掛ける全てのサービスにおいての土台となり、軸となるものです。

お客様の「情熱」が核あり、全てを創るものと考えています。その核なしでは、お客様の「情熱」が分からない状態では、何もできないのです。

弊社の商品説明文は、生産者・販売者の想いを無視して勝手に書き進める、ということも不可能ですので、ご安心ください。

 

【販売戦略のプロ・コピーライター・営業経験豊富なコンサルタントが監修】

弊社の商品説明文は、現場営業経験も豊富で、コピーライターとしても活躍するブランドコンサルタント・藤永晴人が監修しています。

藤永はコンサルタントとして、様々な業界や経歴の方々に「分かるように、理解してもらえるように」噛み砕いた表現を追求してきました。

また、10年以上の現場営業経験の中でも、老若男女問わずに説明してきました。理解してもらうには、その人の言語背景に合った表現でないと伝わらないことも、身に沁みて知っています。

業界やコミュニティといった集団ごとに存在する専門用語、即ち“業界用語”や、その集団ごとに、説明しなくても知っていて当然の“常識”や“知識”が存在します。ほぼ同じ意味を指す言葉でも、業界や取引先によって言い方も異なるのです。

業界用語はもちろん、常識や知識によって、その人達が話す言葉が変わってきます。これが言語背景です。集団ごとに、どんな言葉に反応し、何に魅力を感じるのかも変わってくるので、同じ商品の説明をするにしても、話の持っていき方や、興味を持ってもらえる切り口なども変わってきます。

生産者・販売者自身が説明文を書いた場合、自分達の言語背景の、何がどこまで一般のお客様に通用するのかが分かっていないために、お客様にとって理解できない説明文になっていることが多々あります。自分達が使っている言葉や常識が、一般でも通じるものだと思い込んでいる場合もあります。もちろん、いくら言語背景に気を配っても、文章を構成する力がなければ、伝わる説明文は書けませんが…

説明不足・情報不足でも、生産者・販売者は既に持っている情報から不足分を補える…というのは、この知っていて当然の言語背景があるからです。その言語背景を持っていないお客様には、説明文の情報が全て、説明不足分の情報を補えない、ということです。

イグナイターの説明文は、言語背景を考慮して作られています。

徹底的な顧客分析ができるのは、営業経験が豊富だという理由だけではありません。

ブランドコンサルタントとして、経営戦略・マーケティング・営業販売・顧客心理などの専門分野にも精通しています。知識として知っているだけではなく、多くのコンサルティングを手掛け、営業も行ってきた経験の中で、実践で通用するスキルを身につけています。それらの実務経験や専門知識も存分に活かした上で、言葉を選び、文章を作ります。

また、自らコピーライティングも手掛ける藤永。コピーライティングはキャッチフレーズのような短い言葉を作るイメージがあり、文章力は関係ないと思われるかもしれません。その認識は誤りで、その事柄に関する内容を、きちんと構成してまとめ上げる力がなければ、効果的な短文やワンフレーズを生み出すことはできません。映画のストーリー全体を把握し、その中から何をどう書けば伝わるかを見極められなければ、あらすじは書けないのと同じようなものです。

ターゲットとなる方々の言語背景を読み解き、多角的な分析を行い、理解してもらいやすい言葉で書く。それができるから、イグナイターの文章は強いのです。

 

【上手く表現できることの威力。身をもって感じたからこそお勧めしたい】

藤永自身も、かつては自分の想いや商品の価値・魅力を上手く表現することができず、「なかなか人に分かってもらえない」という現実に直面して苦しんでいました。人のことは客観的に見ることができても、自分のことを客観的目線を持って人に伝えるのは難しいものです。歯がゆい想いもたくさんしました。

「対象に込められた想いや価値・魅力を的確に表現し、人(消費者)に的確に伝えること」が仕事である以上、自分自身のことも上手く伝えられなくて、お客様に信用してもらえるのか。まずはきちんと自分のことを表現し、伝えられるようになろう。プロとして、徹底的に研鑚を重ねました。

これは同時に、自分以外に関するもの、即ちお客様のことやお客様の商品を適切に表現し、伝えるスキルを磨き上げることにもなり、ブランド構築の礎になっています。営業や営業代行の対面セールスにおいても、口頭で伝えたいことを的確に伝えられるようになり、売上も伸びました。

「伝えたいことを的確に表現して伝えることができる」、その威力を如実に感じたのは、文章としてそれを表現できるようになってからでした。

各段に営業効率がUPした上に、購入率まで向上。セールスをかけられるお客様の数も、各段に上がりました。

対面セールスでは、自分が説明できる相手にしか購入してもらえません。しかも、お客様ごとに都度口頭で説明する必要もあります。説明文だと、興味を持ってくれたお客様に、「詳しくはこれを読んでください」とwebで説明文を送ったり、説明文を印刷した用紙を渡すことができます。説明文を読み、商品に価値を感じてくれたお客様は、購入してくださいます。商品のことをしっかり分かった上で買えるので、安心してもらえるようです。

web上に説明文を載せておくことで、こちらからセールスをかけなくても、説明文を読み、納得し、興味を持ってくれた方が連絡してきてくださいます。誰にでも説明文を見てもらえる可能性がある、それは商品を購入してもらえる可能性が爆発的に増えるということ。

きちんとした説明文だったから連絡してもらえた、購入してもらえた、という実感もあります。もし曖昧で伝わらない説明文だったら、そうはいかなかったと思います。

伝えたいことを、本来持っている価値や魅力を、的確に表現して伝えられるようになったことで、事態がどんどん好転していったのです。

更に。口頭説明に比べ、曖昧な表現が許されず、細部までも明確な表現を求められるのが文章での説明。文章で表現できるようになったことで、口頭説明においても、よりしっかりと説明できるようになる、という思いもよらぬ効果までありました。

「上手く伝わらない」というもどかしさ、やり切れなさも。きちんと伝えることができたときの喜びや、それによって変わっていくものがあることも。身をもって知っているからこそ。上手く伝わらないことで悩み、行き詰っている方々の力になりたい。

「お客様が幸せになる」「生産者・販売者の心が豊かになる」「生産者・販売者が経済的に豊かになる」それを叶えるための一助となれたら幸いです。

 

〈最後に〉

web用の説明文以外でも、ご要望がありましたら、お気軽にご相談ください。

また、商品自体に問題があるケースもあります。粗悪品は論外ですが、価格設定や市場が適正がどうかなど、販売戦略の問題も、商品自体の問題として考えられます。

本業であるコンサルタントとして、販売戦略面にも精通していますので、そちらの方面でも何かございましたらご連絡ください。